ノイバラが満開


会社への道すがら、よい香りがすると思っていたら道路の横に大きなノイバラの木がありました。

枝いっぱいに白い小さな花をつけていました。

バラというと品種改良された豪華な大輪を思いつきますが、ノイバラの花は一重で素朴な感じ。

これはこれでかわいいですね。

もちろん、トゲがあるので痛いです。

しばらくは良い香りで足取りも軽く、会社に通えそうです。

熊蜂


藤の花が咲く時期になると、集まってくる熊蜂です。

体長が大きく、ブンブンと大きな羽音をたてるので怖がられることが多い熊蜂ですが、性格は温厚で雄の蜂には刺し針がなく、刺すのは雌のようです。人間から脅かしたり攻撃をしなければ刺されることはほとんどないそうです~!ゆっくり藤を楽しめました。

非日常を感じてきました


毎年恒例の海外での研修が今年も行われました。

今年はスロベニアとクロアチアという国で、イタリアの東側に位置し、旧ユーゴスラビアの一部の国です。

造園会社としての研修ですので公園や建造物もまわらせて頂きましたが、特に印象深かったのがプリトヴィッツェ湖群国立公園とポストイナ鍾乳洞。

ただただ感激し、非日常を満喫させて頂きました。

落葉のリサイクル


昨年より、都内のあるオフィスビルで、回収した落葉をビル施設内で堆肥化する取り組みをはじめました。

生活の場に近いこともあり、大きな堆肥場は設けられないため、堆肥化バッグを導入しました。

このようなバッグでも1年積むとしっかりとした腐葉土ができます。

できあがった腐葉土は、施設内の樹木周りに施用して利用しています。

施設内で物質循環が成り立っており、ゴミ削減だけでなく、樹木にも優しいという優れものです。

枝を入れると堆肥化が遅くなってしまうため、現在は落葉のみを堆肥化していますが、それでも十分な成果があると感じています。

今回の取り組みは、ゴミの排出量を少しでも減らすために、お客様よりご依頼をいただきました。

同じような事例でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ご相談下さい。

たんぽぽ


あちらこちらの道端や公園でたんぽぽを見かけるようになりました。

もうすっかり春ですね。

1日の始まりの少し眠たい朝、、、ビタミンカラーの黄色のたんぽぽの花を見ると、今日も頑張ろう~!と元気が出ます。

ところで、たんぽぽは雑草なのでしょうか。

雑草を辞書で引くと、「自然に生えてくる、いろいろな草」とある。

ん~、、、ざっくり。もう一方の辞書には「人間の意図に反して勝手に侵入し、成長、繁殖する植物」とある。

ふむふむ。何はともあれ、私に元気をくれるたんぽぽ。

どこから来て、そして綿毛になってどこでまた花を咲かせるのか、そんなことを考えながら最近通勤しております。

春の香り


笹塚の水道道路(431号線)沿いの藤の花が満開でした。

強い風に爽やかな香りが運ばれて、まだ姿が見えない場所からもその存在を主張していました。

散歩の道すがら、のんびりと春の香りを満喫しました。実際に見た藤は、風で花房がブンブン振られて今にも飛んで行きそうな緊張感がありましたが。

BONSAI


2か月前になりますが、東京都美術館で開催されていた国風盆栽展に行ってきました。

盆栽をじっくり見るのは初めてでしたが、いつも見ている外の樹木とは違い、小さな鉢の中に大きな世界が表現されていました。

盆栽といえば松というイメージでしたが、他にもサツキ、イチイ、カリン、ヒメシャラ、ケヤキなど、いろいろな樹種の作品が展示されていました。

立派な五葉松の立ち上がり

細かい枝で綺麗に形作られたケヤキ

盆栽は毎日細かな管理が必要です。

自然風でありながら、自然のものよりも美しく仕上げられた作品に魅了されました。

お花見


新宿御苑にお花見に行ってきました。

小雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、サクラが満開でとても 綺麗でした。

園内は飲酒が禁止されており、お花を見ながらお酒が飲めなかったのが少し残念でしたが、お弁当やお団子を食べたりしてゆっくりとした時間を過ごすことができました。