プロからのガーデニング・アドバイスお庭のお手入れ豆知識

ホーム>花芽と剪定時期

花芽と剪定時期 プロからのガーデニング・アドバイス ~ お庭のお手入れ豆知識「春」

春は様々な樹木や草花が花を咲かせるもっとも華やいだ季節ですね。
でも、お庭の木が去年に比べて花の数が少なくなったな・・・なんて
感じたことはありませんか?

毎年たくさんの花を咲かせるためには、日照や肥料などの要因の他にも
「剪定を行う時期」に注意を払う必要があります。

主な花木の「花芽ができる位置と時期」をチェック!
■花芽(花になる芽)の出来る位置
  • ・枝の先端に付くタイプ
  • ・枝の途中に付くタイプ
  • ・先端と側面に付くタイプ など樹種によって異なります。
■花芽のできる(分化する)時期
  • ・新しい枝に花芽が付いてその年に開花するタイプ(サルスベリやアベリア・キンモクセイ他)
  • ・新しい枝に花芽が付き翌年に開花するタイプ(ツツジやハナミズキ、コブシ他)などがあります。

※花芽が付いた後にむやみに剪定を行うと花が咲かなかったり、花数が少なくなったりしてしまいます。

■剪定の適期
新しい枝に花芽が付きその年に開花するタイプ
→花が咲き終わったあとから枝が伸び始める3月頃までに剪定
新しい枝に花芽が付き翌年に開花するタイプ→花が終わったあとすぐに剪定

※枝の側面に花芽が付くタイプは剪定の影響をあまり受けませんが、
枝の先端に花芽が付くタイプは花芽が出来た後に強い剪定をすると
まったく花が咲かなくなる
ので注意が必要です。

ページトップへ