日本の庭園文化を世界に広げる活動

海外での取組ヨーロッパを始めとした海外での評価も高い日本庭園の素晴らしさをこれからも伝えていきます

小杉造園は、アジア圏で唯一ELCA(ヨーロッパ造園建設業協会)に加盟している企業です。
各国政府・大学などから依頼を受け、日本庭園に関する講演を行うなど、海外での関心が高い日本の庭園文化の素晴らしさを伝えるための活動をしています。。
また、各国の緑化関係企業と今後のビジネスアライアンスについて具体的な協議を進めています。



2015.10 アゼルバイジャン共和国
アゼルバイジャン共和国の首都バクー市のカタイ地区に本年4月に弊社が完成させた日本庭園の開園式が盛大に執り行われました。
2015.9 バルト三国
バルト三国 (エストニア・ラトビア・リトアニア)を訪問し、各国の大学で日本の庭園文化について講演活動を行いました。
2015.9 ドイツ
ドイツの有名なナーサリー フォン・エーレン社の創業150周年祝賀行事に招かれ、ヨーロッパの造園関係者約600人を前に日本庭園に関する講演を行いました。
2015.4 アゼルバイジャン共和国
アゼルバイジャン共和国の首都バクー市のカタイ地区より、日本庭園の作庭依頼があり、約600平方メートルの日本庭園を完成させました。
2015.3 アンゴラ共和国
アンゴラ共和国ルアンダで開催されたアンゴラ・日本ビジネスフォーラムに参加。環境大臣と個別会談し、意見交換をしました。
2015.2 バーレーン王国
2014年11月に弊社が完成させたバーレーン王国アル・アリーン野生動植物公園内の日本庭園の開園セレモニーが、サビーカ王妃はじめ多数の王族や政府要人のご臨席の下、盛大に挙行されました。
2014.11 バーレーン王国
バーレーン王国のGPIC社よりアル・アリーン野生動植物公園内に約4,000平方メートルの日本庭園の作庭依頼があり、約1か月半の工事期間で完成させました。
2014.9 ベネズエラ・コロンビア
ベネズエラ、コロンビアを訪問し、ベネズエラ中央大学、ホルヘ・タデオ・ロサノ大学、コロンビア切花輸出協会、コロンビアガーデニングクラブで日本の庭園文化について講演を行いました。
2014.6 アゼルバイジャン共和国
来日したアゼルバイジャン地方行政区首長日本訪問団と意見交換会を実施した後、懇親会を開催し交流を深めました。
2014.5 キプロス
キプロスの著名な民間人からの要請を受け、建築関係者に対し日本の庭園文化について講演しました。
2014.5 中南米・ヨーロッパ・アラブ各国
中南米諸国を中心に7カ国の大使、参事官を弊社の熱海研修所にお招きし、ラテン音楽のコンサートを実施するとともに、日本の伝統である餅つきなどを体験いただき、懇親を深めました。
2014.3 中米各国
2013年に講演したニカラグア、パナマ、エルサルバドルの3か国から大学生をそれぞれ2名ずつ日本に招待し、都内、京都、水上などをご案内し、新旧の日本文化に触れていただくと共に、水上では生まれて初めての雪遊びに興じていただきました。
2013.9 中米各国
ニカラグア、パナマ、エルサルバドルの3か国を歴訪し、ニカラグア自治大学、パナマ大学、エルサルバドル大学、アインシュタイン大学などで講演を行うと共に各国造園関係者と交流を図りました。
2013.7 マルタ
マルタ中央部に位置するサンアントンガーデンに、今から90年以上も前に昭和天皇が記念植樹されたインドモクゲンジの木と記念碑があります。その一角が草木に覆われていましたのでマルタ造園協会の方々とご一緒に整備をさせていただきました。
2013.5 ドイツ
ハンブルグで開催されたELCA(ヨーロッパ造園建設業協会)の創立50周年記念総会に出席し、ヨーロッパ、アメリカの造園家たちとの更なる技術交流と親交を深めました。
2013.5 中南米各国
弊社の熱海研究所に中南米を中心に5か国の在日大使館の大使・参事官をお招きし、交流会を行い、懇親を図りました。皆さんには畳の部屋にお泊りいただき、温泉でリラックスしたり、餅つきの体験をするなど日本文化に触れていただきました。
2013.5 バーレーン
JBECA(日本・バーレーン経済交流協会のメンバーとしてバーレーン王国マナマを訪問し、皇太子に謁見を賜り、首相をはじめ関係閣僚と面談し、意見交換しました。
2013.4 韓国
4月に開幕した韓国順天湾国際博覧会に韓国のパートナー企業と共同で日本庭園を造りました。会期中に訪れる韓国の大勢の人々に日本庭園を知っていただく良い機会だと思っています。
2013.2 バーレーン
バーレーン王国のマナマで開催された「バーレーン国際ガーデンショー2013」に弊社としては海外では初めて坪庭を展示し、中東地区の多くのお客様に鑑賞していただく機会を得ました。
2013.2 韓国
大韓民国 第18代 朴槿恵大統領就任式に出席、また、その前夜に行われた日韓親善交流会にも参加しました。
2013.1 韓国
ソウル大学で開催された国際シンポジウムで講演を行いました。「グローバル時代の造園樹木の栽培および流通」というテーマでしたが、各国の大学関係者、造園関係者とも交流を図りました。
2012.10 アゼルバイジャン
アゼルバイジャンの個人邸より日本庭園作庭のご注文をいただき、大きな滝と太鼓橋、冠木門、鑓水を配した池泉庭園(約570㎡)と龍の頭を模した石組と富士山を模した砂山を持つ枯山水の庭(約560㎡)を完成させました。
2012.9 中南米・アフリカ各国
中南米・アフリカの6カ国の在日大使館の大使・参事官が弊社の熱海研究所にお越しになり、交流会を実施しました。中にはご家族全員で参加された大使もおられました。皆さんは畳の部屋にお泊りいただき、浴衣を着て、温泉を楽しまれました。
2012.4 バーレーン
バーレーン国王が来日され、赤坂迎賓館で開催されたレセプションにお招きをいただき、出席いたしました。
2012.4 オランダ
オランダ王国フェンロー市で10年振りに開催されたフロリアード2012(2012年フェンロー国際園芸博覧会)の日本政府出展ブースで来場者への説明などに協力しました。合わせて、弊社が海外の人達を対象に熱海の研修施設で開催してきた造園技術セミナーの卒業生ともコンタクトを取り、会場内で再開を果たし、旧交を温めました。
2011.12 中南米・中東・アフリカの各国
弊社の熱海の研修施設に7か国の在日大使館の大使・参事官をお招きし、交流会を開催しました。当日は皆さんにお泊りいただき、夜遅くまで楽しく懇親を深めました。翌朝は日本庭園への理解を深めて頂くよう講演を行いました。
2011.11 アゼルバイジャン
アゼルバイジャンの首都バクー市で開催された第7回日本アゼルバイジャン経済合同会議に出席しました。最初にアリエフ大統領を表敬訪問し、2日間にわたって開催された会議で弊社は「観光施設の整備」に関するプレゼンテーションをしました。
2011.5 ウクライナ
ウクライナの首都キエフを訪問し、キエフ国立建築・建設大学と弊社がウクライナ国内において日本の庭文化を広めるための産学協力協定書を交わすとともに、同大学で特別講演をしました。
2011.4 マルタ共和国
ELCA(ヨーロッパ造園建設業協会)の会議出席のために訪れたマルタ共和国でジョージ・アベラ大統領にご挨拶する機会を得て、東日本大震災の際に寄せられたお見舞いとご支援に対するお礼を申し上げました。また、ゴンジ首相とも面談することができました。
2011.2 オマーン
オマーンの首都マスカット市を訪問し、マスカット市長より日本庭園作庭プランを提出してほしいと要請されました。
2010.10 IGCA(国際ガーデンセンター協会)日本視察 埼玉
IGCA(国際ガーデンセンター協会)の日本視察に合わせ、「滝と流れのある日本の風景庭園」を作庭しました。世界各国から集まった約200名にも及ぶ大勢の園芸業者に、日本の庭園文化や作庭技術について紹介する好機となりました。作庭した「日本の風景庭園 滝と流れのある秋の小道」
2010.10 韓国
韓国の2010京畿庭園文化博覧会で三尊石の日本庭園を作庭しました。3日間の会期中、たくさんの方々が来場され、日本庭園を楽しんで頂くことができました。この庭は博覧会終了後もシフン市オック公園に常設されます。韓国で作成した「友情の庭」
2010.5 キューバ
日本の庭文化を世界に広げる活動の一環としてキューバ共和国の首都ハバナを訪問しました。ハバナ歴史家事務所で意見交換をしたり、環境・造園関係の学生に日本の庭関係の講義をしたり、ハバナ大学の先生と国立植物園に出かけ、1番奥の5haもある1989年に造られた日本庭園の管理状況を視察したり、幅広く交流を図りました。
2009.11 アゼルバイジャン
9月に施工した記念公園の開園式典にご招待いただき、アゼルバイジャンを再訪しました。イルハム・アリエフ大統領に謁見することができ、「大変素晴らしい日本の文化を我が国に紹介してくれてありがとう」と貴重な嬉しいお言葉をいただきました。
2009.10 チェコ
ELCA(ヨーロッパ造園建設業協会)の会合に出席。世界で最も美しい街のひとつといわれるプラハの、期待以上に美しい街並みに感激しました。小杉造園主催の造園技術セミナーに参加してくれたヨーロッパの造園家たちと旧交を温めることができました。
2009.9 アゼルバイジャン
首都バクーの西に位置するイスマイリ州に建設されている記念公園内に2,650㎡の日本庭園を作庭してきました。回遊式の枯山水庭園で、造園に必要な多くの設計・施工技術を存分に発揮することができました。小杉造園にとって記念に残る仕事となりました。アゼルバイジャン作庭記
2009.6 ブルガリア
ブルガリアの特産品であるバラの花の収穫がピークを迎えるこの時期は、各地でバラ祭りが開催されていました。バラ祭りを見学した後は、植木生産農家や国立森林大学の広大な圃場などを視察し、当地における植木の活用手法などを学びました。
2009.4 ギリシャ
ELCA(ヨーロッパ造園建設業協会)の会合に出席。白い壁と青い空に映える緑の並木が大変印象に残りました。これまでの会合や技能五輪で意気投合したヨーロッパの造園家たちと様々な情報交換をすることができ、大きな刺激をいただきました。
2009.4 台湾
毎年恒例の「社員海外研修」で、今年は台湾を訪れました。屋台の安くて美味しい食事がとても印象に残っていますが、故宮博物館や幾つかの庭園を訪問し、独特の様式美を目にすることができました。職人たちの新しいアイデアを育む海外研修です。
2008.11 クロアチア
リエカ大学、ザグレブ大学、オシェック大学を訪問。日本庭園に関する特別講義を行い、多くの方々とアカデミックな話から、企業連携の話まで多様な意見交換ができました。オシェック市では副市長を表敬訪問し、今回の交流成果を報告しました。
2008.11 ブルガリア
首都ソフィア市の緑化関係者とミーティング。市の職員を始め、その多くが日本庭園に大変興味を持っています。また、ソフィア国立大学にお招きいただき、都市再生計画や公園プロジェクトの研究発表を拝聴。今後も支援を続けたい地域の一つです。
2008.09 オランダ
ロッテルダム(オランダ)で開催された、EuroSkills2008を視察。ヨーロッパ各国から400名以上の職人が集まったこの大会は、2009年に行われる第40回技能五輪国際大会(カナダ カルガリー)の前哨戦であり、技能版「欧州選手権」ともいえます。
2008.06 ドイツ・クロアチア・スロベニア
業界団体の視察旅行に随行。各地の緑化関係者とのミーティングや緑化施設を視察し、今後のビジネスシーズを模索してきました。造園業界をあげた海外文化交流や、新たな資材入手ネットワークなど、造園業界の新たな展開をどうぞ期待ください。
2008.05 フランス・イギリス
ELCA(ヨーロッパ造園建設業協会)の総会に出席。技能五輪国際大会金メダリストとして各国の出席者から大変な歓迎を受けました。皆さん、日本庭園をビジネスチャンスと捉えており、設計から施工まで幅広いフェーズでの連携を要請されました。
2008.04 トルコ
毎年恒例の「社員海外研修」で、今年はトルコを訪れました。首都アンカラを上回る大都市イスタンブールに始まり、トロイ、石灰石の奇勝バムッカレ、カッパドキアの世界遺産などを巡る旅でした。職人たちの新しいアイデアを育む海外研修です。
2008.03 ドイツ
ドイツ人社員の案内で、ドイツ各地を視察。主にプライベートガーデンを巡り、ドイツでの日常生活に密着した庭園デザインやガーデニングのトレンドを学びました。ドイツ屈指のナーセリーとは、植木を中心とした造園材料の商談を進めています。

→次へ

日本の庭園文化を世界に広げる活動

ページトップへ