我が家で楽しむ安心安全の野菜づくり

おすすめ野菜 - 身近な野菜や果物は気軽に育てられるの?

毎日のように目にする野菜や果物について、ここでは特にベランダでプランター等を利用した栽培時の要点を整理してみました。参考にして下さい。

【イチゴ】…ひとつの苗から収穫できる量が少なく、日当たりの悪い場所だとナメクジが発生しやすいためあまりベランダ菜園向きではありません。

【トマト】…葉の量が多くなり場所を取りますが、害虫はあまり発生しません。成長が早く実が成るまでの過程が楽しめ、市販品よりも味の濃いものが収穫できるため家庭菜園の定番となっています。トマトより簡単で、多くの収穫が見込めるミニトマトもおススメです。

【ナス、ピーマン】…トマトと並びナス科夏野菜の定番です。トマトよりも葉の量が少なくコンパクトなため、プランターで栽培しやすい野菜です。ただし、カメムシが発生することがあります。

【キュウリ、ゴーヤ】…葉の量は比較的多くなりますが、栽培が簡単で多くの収穫も楽しめます。

【サヤエンドウ】…葉の量は比較的多くなりますが、栽培が簡単で多くの収穫も楽しめます。

【ダイズ、アズキ】…マメ類は栽培が難しく、1株あたりの収量も少ないためあまりお勧めできません。

【トウモロコシ】…非常に背丈が大きくなりますので、ベランダ菜園向きではありません。

【シュンギク、ホウレンソウ】…特にシュンギクは栽培が容易で、害虫も少なく繰り返し収穫が楽しめるため非常におススメです。

【ハクサイ、キャベツ】…栽培が難しく、害虫が発生しやすいためベランダ菜園向きではありません。

【ネギ、タマネギ】…スーパーで根付きのネギを購入し、根の部分のみを植えつけると再生します。この方法で栽培すると非常に容易に育ちますし、繰り返し収穫できますのでオススメです。また、ネギは害虫除けの効果もあります。タマネギは苗からの栽培をオススメします。

【ジャガイモ、サツマイモ】…ジャガイモはプランターでも比較的作りやすく、栽培期間も短いためおススメです。サツマイモの栽培は容易ですが、つるが横に伸びるためベランダでは場所をとりますし、栽培期間が長いためあまりベランダ菜園向きとはいえません。

【スイカ、メロン、カボチャ】…いずれもつる性の植物で、非常に大きくなりますのでベランダ栽培には不向きです。

【ニンジン、ダイコン】…根もの野菜はプランターでは難しいですが、地上部の場所は取りません。深底の鉢を選び、野菜も小さい品種を選べば挑戦されても面白いと思います。

ページトップへ