プロからのガーデニング・アドバイスお庭のお手入れ豆知識

ホーム>病害虫の駆除

病害虫の駆除 プロからのガーデニング・アドバイス ~ お庭のお手入れ豆知識 「初夏」

樹木が芽吹き始めると共に虫や病気が発生するようになります。

造園業者が使用する薬は水に薄めて散布するタイプが普通です。
「乳剤」や「水和剤」の利用は経済的ですが、一般のご家庭では「噴霧器具」や「状況・時期により薄める倍率を変えるなどの専門的な知識」が必要で、手軽とはいえません。

もし虫や病気の被害にあってしまった場合には「あらかじめ希釈されたエアゾール式やスプレー式薬剤」の使用が簡単です。

■薬剤散布の注意点!
  • ・夏場の日照りの強い時間帯は避ける。
  • ・エアゾール剤は噴射するためのガスの気化による冷害が生じるため、
    樹木から30~40cm離して噴霧する。
  • ・散布時にはゴム手袋・マスク・長袖のシャツなど、薬剤を吸い込んだり
    皮膚に付着しないような服装をする。

※また、同じ薬剤を繰り返し使用すると、虫や病原菌に耐性ができて効果が低くなる場合があります。
薬剤を定期的に変えるなどの工夫をしましょう。

ご自分での薬剤散布が不安な方は、お気軽に専門業者をご利用ください!
植木1本からでもお伺いいたします。内容や費用をご納得いただいた上で作業いたしますので安心です!
メールはこちらへ
お電話の場合は:03-3467-0525

ページトップへ