ホーム>マンション管理組合様>マンション緑地管理のポイント

マンション緑地管理のポイント~大切な資産を守るパートナー選びのために~

小杉造園の考える業者選びのポイント

ポイント1. 『独自のノウハウ』マンションの緑地管理には独自のノウハウが必要です

ポイント2. 『造園業者の選択』造園業者の選択が緑の景観を左右します

ポイント3. 『計画的な年間管理』計画的な年間管理が緑の質を向上します

ポイント4. 『継続的な管理』継続的な管理が将来の緑を美しくします

ポイント4. 『継続的な管理』

『継続的な管理』が将来の緑を美しくします

マンション緑地は、入居時の景観・数年後の茂り方を想定して植えられています。この有機的な資産は年月を重ねて重厚な趣を備え、その価値を増していきます。
その姿や充実度は一朝一夕に思い通りになるものではありません。管理作業を依頼する造園業者を固定化し、数年後のあるべき姿を目指した管理を行うことが大切です。

  • 樹形の乱れたシラカシ
  • 同じ業者で継続的に管理されたシラカシ

右は同じ樹種の写真です。計画性のない管理や、毎年造園業者を切り替えると品質の低下を招く原因になりかねません。

担当者からのメッセージ

「皆さんの生活にうるおいを与えてくれる樹木や植物は"いきもの"です。数年間メンテナンスを怠ったり、その場しのぎの強い剪定などを行えばなかなか元の美しい姿には戻ってくれません。将来を見据えた計画的な管理を私たち専門家と考えていきましょう。」

ページトップへ