小杉造園の取組み・活動

大木の移植天然記念物の老木などの移植工事に数多く携わっています

身近に親しんできた樹木が、様々な事情により移植しなくては残せない状況になることがあります。小杉造園では、そんな個人邸の庭木から樹齢500年の大木まで、数多くの移植工事に携わってきました。あなたの大切な緑を守るために、小杉造園の経験と技術を是非ご活用ください。

■大銀杏(渋谷区指定天然記念物)

日本赤十字社医療センター敷地内(渋谷区広尾)
推定樹齢500年/幹周り4.55m、移植時重量約30t

■最初の移植(1977年施工)
もちろん当時は、今ほどの大型建設機械もなく、職人の経験や多くの仲間たちの協力により移植を成功させました。
先代の陣頭指揮のもと、現社長も「職人の一人として体験した」(本人談)とのことです。
■二度目の移植(2006年施工)
最初の移植から30年の時を経て、再度、同じ大銀杏の移植を担当させていただきました。古木ゆえの老朽化から幹折れが心配されましたが、敷地内の移動約80mと移植に成功しました。
写真は掘り取った後、クレーンで垂直に吊られてトラックに載せられる大銀杏です。

■赤松(二代目宗吾の松)

日本赤十字社医療センター敷地内(渋谷区広尾)
推定樹齢300年/移植時枝張り約15m

歌舞伎でも有名な佐倉宗吾に由縁のあることで江戸時代から名の知れた大木。
盆栽仕立ての美しい樹形を維持したまま場内を移動させるべく、大がかりな工事となりました。(2007年施工)

←赤松の根巻きをしています。

■ソメイヨシノ

豊島区駒込染井通り沿い
推定樹齢約80年/高さ約9.0m

江戸時代に染井村と呼ばれ、ソメイヨシノの発祥の地とされている駒込の染井通り。

開発に伴い保存運動が起こっていたこの由緒ある地のソメイヨシノを同区内の公園に移植させていただきました。(2005年施工)

→作業事例へ

→次へ

取組み・活動のページにもどる

ページトップへ